トップページ 施工実例 こ家造りへのこだわりだわりの家づくり お問い合わせ リンクについて
 

木 材 の 加 工

墨付け
墨付け
製材
製材
 
お客様が望まれる工期が余程短くない限り、木材はプレカットを用いず、大工棟梁が自ら墨付けを行い、製材します。プレカットで建てるコンピュータの家に比べ時間がかかりますが、年月が経っても家がしっかりと建っており、建具のがたつきもありません。
機械で削った木材は表面にざらつきがなく、なんの抵抗もなく組むことができます。しかし、職人が手で削った木材は表面を加工していない分、組むときに抵抗が生まれます。それは一度組んでしまえば摩擦となり、家の耐震や免震に大きく貢献します。
プレカット
プレカット
     
 

無 垢 材 の 家

土台と柱(檜)
土台と柱(檜)
梁(松)
梁(松)
 
湿気に強く、劣化しにくく、経年で味わいを深める、「乾燥させた無垢材」を使用しております。木の特徴を生かして部材によって木の種類を変え、耐久性が高く、強度も強いので土台と柱には檜(ヒノキ)、粘り強いので梁には松(マツ)を用いています。
無垢材の家は、高い技術が求められます。特に大工の技術が高く、丁寧さがなければなりません。田村工務店(有)はこの技術に誇りを持っております。
込み栓
込み栓(樫)
     
 

木 組 み

継手・仕口
継手・仕口 腰掛蟻継ぎ(こしかけありつぎ)
木材には長さに限りがあるので、家を組むためには木材を加工し接合しなければなりません。そのための技が仕口や継手であり、用途に応じて様々な種類があります。
込み栓・鼻栓
込み栓・鼻栓
柱と土台、または柱と桁などの仕口を固定するために、2材を貫いて横から打ち込む堅木材を込み栓。貫通させたホゾの先に打つものを鼻栓と言います。
屋根
台持ち継ぎ(だいもちつぎ)
丸太の小屋梁(屋根を支える梁のことです)に用いられます。
 
田村工務店は昔ながらの木組みで家を建てています。ただ、ボルトを使用しないと国から許可が下りないので、使用はしていますが、ボルトがなくても家が持つ様に建てております。木とボルト(鉄)は異質な物質です。その為ボルトをたくさん使用し、締めても緩んできます。永い言年月安心して住んでもらうために、「ボルトで家を持たせない」という信念を貫いてきました。
多くのお施主様の喜んでくださる顔や声が、弊社を支える原動力になっています。今や大工棟梁は絶滅種、天然記念物といわれる時代になりましたが一人でも多くの人に、そして若い方たちに、日本の文化としての家を見てもらいたいと思っております。
追掛大栓継ぎ
追掛大栓継ぎ(おいかけだいせんつぎ)
台持ち継ぎ
台持ち継ぎ(だいもちつぎ)の拡大
伝統木造
田村工務店は伝統の木造住宅にこだわって仕事をしております。伝統建築は社寺仏閣に見られる建て方ですが、それは特別な建て方ではありません。お客様がお住みになる一般の住宅こそ伝統構法で建てていくべきだと思います。家は人生の傍らに寄り添っていてくれるものです。だからこそ、長持ちで頑丈で趣のある家になる伝統の木造住宅が良いのです。

手作りの家ですので多くは建てられませんが、頼んでくださるお施主様がおられる限り、私たちの信念を貫いていきたいと思っております。ハウスメーカーとコンピュータで建てるプレイカットの時代になりましたが、木で組む文化としての木造住宅を残す努力を続けたいと思っています。
 

棟 上 げ 風 景

now printing
上棟式の時にはご両親をはじめご家族の方が、大変感動してくださいます。
now printing
詔を大工棟梁が読み上げるのですが、何回も経験しているはずなのに、何故か噛みます。
now printing
 
  このページのトップへ